« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

インナーチャイルドセッションの感想を頂きました。

ここのところ、インナーチャイルドのセッションが多くなっています。

子供時代の心の傷というのは、とても深く、繊細なものです。

今現在起きていることや、過去に起きていた様々な出来事を紐解いていくと、

子供時代の出来事が原因だったりします。

とても気づきの多いセッションです。

今日は、そんなインナーチャイルドのセッションの感想を頂きました。

ありがとうございます。

『インナーチャイルドセッションのご報告』    

こんにちは。
先日は、インナーチャイルドセッションをありがとうございました♪
第一回目を受けての変化をご報告させてください。
セッション終わっての帰り道、
背が少し高くなったような&視力が少し良くなったような、
不思議な視界でした。
子供の頃、「父親に勉強を見張られていて窮屈だった」
のをメインに取って頂いたのですが、
元彼たちに対しても、
見張られたり、まとわりつかれて鬱陶しかったりと
自由を侵されてるような怒りが沢山あって、
それも全部とって頂けたので、ほっんとに体の感覚が軽くなりました。
勉強を見張られたぐらい、
そんなに今の私に影響があると思ってなかったのですが、
恋愛になるたびに繰り返し相手に対して感じてた怒りであり、
日常でもいつも感じてた怒りだったので、びっくりしました。
今まで、相手→私に網を張られて、
その中で自由になろうともがいて、
余計網が絡みついてイライラして怒ってたような感覚が
常に私の中にあったんだと、
いつも当たり前の感覚だったので、無くなってから気づきました。
あと、そもそもパートナーと早く出会いたいという目的で、
インナーチャイルドセッションを受け始めたのですが、
今までは、パートナーと出会うことで、
ハートの欠けた場所を早く温かい気持ち良い何かで満たしたいような、
渇望感が強かったのですが、セッション後は、
パートナーと出会いたいなぁと思っても、渇望感がなくなって、
ハートがもう既になにか暖いもので満たされているような感じに変化しました。
思考の癖で、セッション前までと同じように考えようとするのに、
体の感覚やエネルギーが違うので、
まだ少し慣れず不思議な感じがしてます。
セッションで、父親との出来事や、
元彼たちとの出来事をマーコさんに全部知られるのは、
一瞬恥ずかさがよぎるのですが、
マーコさんに何を知られても、絶対にダメだしされたり、
否定されたりしないって、今までセッションを受けて知っているので、
「何を知られても大丈夫」っていう安心感のもと、
セッションを受けられるのが、ほんとうに私にとって心強いです。
インナーチャイルドセッションで、
これから何が出てきて、どう変化していくのか、とても楽しみです。
ありがとうございました。

スピリチュアルサロンSnow Bell

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

|

草花のエネルギー 29. ガーベラ

先日の如意輪観音様の一斉ヒーリングで、

如意輪観音様より皆さんにそれぞれメッセージを送ったようですが、

皆さん受け取られたでしょうか。

ある人は、夢であったり、またある人は黄色い玉のようなものが光ったりと、

受け取り方は様々のようです。

観音様いわく、受け取ろうと思う気持が大切なのだそうです。

受け取ろうと思う気持は、愛を受け取る許可レベルにも通じますから、

純粋にメッセージを受け取ってみてください。

さて、、今日は花のエネルギー「ガーベラ」です。

これはお客様よりリクエストがあった花です。

ガーベラは、花屋でいつも見かけますよね。

一年中咲いているのかな、と思いましたが、

春と秋に咲く花なのだそうです。

でも、暖かければ冬も咲くんですって。

この間、近所で見かけました。

そして今日は、黄色いガーベラが咲いていました。

ガーベラのエネルギーを呼んで、まず「こんにちは」と挨拶しましたら。。。

まったく答えてくれません。

おかしいな・・・たいていは挨拶し返してくれるのですが。

そしたら、私の事をとっても警戒しているようでした。

とっても警戒心の強い花のようで、私をじーっと観察しています。

私は、怪しいものではないと言う事と、

私の事が知りたければ、他の花に聞いてみてと言いました。

そうしてやっと口を開いてくれて、話をしました。

自分の中の深~い心の闇を見つめる事が出来たり、

目の前の現実をしっかり見つめる事が出来たり、

人をじっくり観察する事が出来ます。

また、緊張感や恐れの解放も出来ます。

この場合の緊張感や恐れとは、新しい環境などで緊張したり、

場の恐れのようなものです。

緊張する場の中で、しっかり状況を観察して、思い切ってストンと入ってしまう。

入ってしまうと落ち着いてしまう事も沢山あるものです。

~花の効能~

☆自分の中の深い闇、目の前の現実を見つめる事ができる。

☆人や場をじっくり観察する。

☆しっかり観察したうえで、入るべき場に入り、グランディングする。

☆緊張感や恐れを解放する。

スピリチュアルサロンSnow Bell

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

|

封印解除の感想を頂きました。

S様より、封印解除の感想を頂きました。

ありがとうございます。

コンプレックスも、闇の一つだと言えますが、

コンプレックスをまったく持たない人間は付き合いずらいものです。

Sさんが持っているような心の闇は、きっと誰しもが持っているもの。

私も持っている人間の一人として、

こういった心の闇を愛おしく思えるようになれたら、、

そんな風に思っています。

『封印解除の感想』        S.M様

マーコ先生こんばんは(^^)
今回も封印解除セッションをありがとうございましたm(__)m
毎回ですが、今回も気付かされることがたくさんありました。


体型にコンプレックスを持っていてコミュニケーションを閉じていた過去生の私とハイアーセルフさんからのメッセージ、自分の女性性を知ること、自分を見つめることというのが印象的でした。自分を見つめるというのは、なかなか難しいです…(-_-;)

ヒントとして、その過去生さんが、男性とお付き合いを始めてから、自分の女性性に気付いていったというのは、なるほど~と思いました。
セッション後で、そういえば前に好きだった人と一緒にいた時、男の人が隣にいてくれると、なんでもかんでも自分で抱え込まなくてよくて気持ちが楽だな、とか、守ってもらえる感覚があってほっこりするな、とか感じていたのを思い出しました。
またそういう感覚になれる人を選んで、一緒にいられたら素敵だなと思います(^^)


ただ、セッション中2~3回指摘されましたが(^^;)、男の人が苦手なんですよね…(T_T)
それは、ホントに思春期くらいからの悩みでした…(-_-;)
今好きな人とも、二人きりになると、怖いというか、何を話せばいいのか分からなくなって、胸が詰まるような感じになったりしてました(>_<)

もういい加減ええ年なのに、ほんまにヘタレであきまへんわ…(^^;)


あと、一般的なコミュニケーションについて、黙る時には黙っていて構わないというのは、私にとってありがたいメッセージでした(T_T)
私は友達と話していても、沈黙が怖くて、どうして気の利いた話題を振れないんだろう、と、すごく気にしてしまうので…(>_<)
そういうもんだ、と、割り切っちゃえば良いんですね!(^^)!


ご縁があって、マーコ先生にお会いできて、楽しいお話を聞かせていただきながら、エネルギーの淀みやつまりを取っていただけて、幸運でありがたいことだと思います(^^)
ただ、今回のセッションの中で、”ブラックホール”にハマってはいけないという話になった時、自分の中にある様々なブロックや傷のようなものは過去生からのものも含めて無数に存在しているのだから、そこに捕われないよう、自分の力で進んでいかなければならないのだと気付きました。

マーコ先生にエネルギーを見てもらえたご縁と経験と、私のセッションのために割いて頂いたマーコ先生の貴重な時間を無駄にしないためにも、自分の足で地面を踏みしめて、強く生きていきたいです…と壮大な話になりましたが(^^;)


この先、こんなコンプレックスに囚われていた私でも、ステキなソウルメイトとほのぼの暮らせていますよ~(^^)♪と、楽しい経験談を書いて、またマーコ先生のブログに載せて頂けるよう、しっかり自分を見つめて行きたいと思います。

とりあえず、明日今好きな人に会ったら、思いつく範囲で真心を贈りたいと思いますp(^^)q
出会えて好きになれたご縁に感謝していれば、どうすれば良いか解る気がします…根拠は無いですけど…(^~^;)


今回もありがとうございましたm(__)m
マーコ先生のセッションの後は、いつも心が楽に、明るくなります(^^)

師走に入り寒さも本格的になっていきそうですが、風邪などひかないで、毎日健やかにお過ごし下さい(^^)

スピリチュアルサロンSnow Bell

いつもありがとうございます。クリックお願いします♪   

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »