« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

四国の旅を終えて。

旅の良さは、その土地土地の風景ですが、

この四国の旅はなんといっても風景のきれいさが印象的でした。

室戸岬までの道のりは、簡単ではありませんが、

海がとても透明で、大きな岩と波の風景は圧巻でした。

また、香川の琴平駅から特急列車で高知駅へ行ったとき、

列車の窓から見る風景に時を忘れ見とれてしまったり。。。

ガラガラの電車内というのも、

都会では体験できない心地よさです。

また、これは都会に住んでいるからこそありがたく感じるのでしょうから、

都会に住んでいることは、便利さばかりでなく、

逆に様々な事に感謝できるもんなんだなぁとつくづく感じました。

この旅で、自分がどう変容するか・・・ですが、

こうしていろいろな事に感謝できるベクトルが大きくなり、

より一層「いま」を生きられるようになったのではと思います。

旅を終えて、なにか落ち着いた自分になってきた・・・というか。

これからもっと変化するといえば、

きっと、さらに日常そのものにフォーカスできるんじゃないかな。

                                   

 

|

四国の旅「桂浜」

ハイヤーセルフからもらったメッセージの

金比羅宮と室戸岬が終わったので、最終日はゆっくり観光をしました。

友人のスメミマさんは、この日は足摺岬の唐人駄場へ行ったのですが、

私は行かない方が良いとハイヤーセルフから言われました。

唐人駄場はかなりのエネルギースポットで、高いエネルギーに満ちていますが、

エネルギースポットだからと言ってなんでもかんでも行って良いとは限りません。

その人それぞれに合ったエネルギースポットに行くのが懸命で、

合わないところに行くと、今は開かなくて良いところが開いてしまう場合があります。

そういう事もあって、どこかパワーの強いところー行く時は、

必ずリーディングしてから行くようにしてます。

この日は高知駅からバスに乗り、坂本龍馬記念館へ行きました。

龍馬の手紙がたくさん展示されていて、

型にはまらない生き生きとした文章に、思わず時を忘れ見入ってしまいます。

龍馬記念館の後、有名な桂浜へ行きました。

              

この日はあいにく曇りでしたが、さすが日本百景だけあって綺麗な景色です。

写真内に小さくみえる神社にも行ってきました。

              

神社から見た景色です。

              

              

桂浜には、あの坂本龍馬の銅像がありました。

けっこう大きいんですね。

              

桂浜でのんびりした後は、高知駅へ戻り、駅周辺を散策。

下の写真は、はりまや橋。

よさこい節の歌詞に出てきます。

小さくて、探さないと気づかないです。

              

|

四国の旅「室戸岬」

次の日は香川から高知の室戸岬まで行きました。

香川の琴平駅から高知駅まで特急で1時間半ほど。

これだけでもちょっとした旅気分ですが、ここから室戸岬までがけっこうかかります。

電車内では、旅仲間の友人が眠っていたけど、

電車の窓から見る景色があまりに綺麗で、

ガラガラの車内を景色ひとりじめのような気分で楽しみました。

高知駅へ着き、まずはホテルで荷物を預けると・・・

なんとホテルの中にレンタカーの店舗が。。。

友人のミヨコちゃんに頼んで、室戸岬までドライブすることに

なんてラッキー神よ!感謝感激雨あられ

そんなわけで、室戸岬まで約2時間半の道中をこれまた楽しみました。

室戸岬近くになると、椰子の木があってなんとなく南国ムードです。

大きな岩のある海岸。海がなんといっても綺麗。

  

室戸岬には、空海こと弘法大師が修行した洞窟があります。

ここで悟りを開いたのだそう。               

                  

                  







                   

洞窟の中から撮ってみました。

                  

                         

海岸も歩けるように整備されています。

この海の景色は今まで見た事がない感じ。

空海もこの空と海を見て悟りを開いたんだな・・。             

                

この雄大な景色を見た後、途中お昼を食べつつ車で高知駅へ戻ります。

高知駅に着く頃はもう夕方。

ホテルに戻った後、念願の塩かつおを食べに繁華街へ。

これは東京では食べられない美味しさでした。

              

|

四国の旅「金比羅宮」

久しぶりのブログアップです。

10月、11月とお休みが続いてご迷惑おかけしましたが、

お休みの間、四国へ旅してました。

四国はハイヤーセルフからのメッセージで行ってきました。

時々私が旅するのは、

自分が行きたいという気持ちもなんだけど、

ハイヤーセルフからのメッセージで行く事が多いです。

行くと、いろいろな変容が起きて、

仕事の内容が変わったり、自分の内側が変わってきたりします。

今回の旅行でハイヤーセルフが勧めたのは

香川の「金比羅宮」と高知の「室戸岬」でした。

まず第一日目に行ったのがこんぴらさんで有名な金比羅宮。

琴平駅に着いたのが2時だったので、

まずは腹ごしらえです。。なんせ階段を登るので・・・

香川といえば、讃岐うどんですよね。

こんぴらさんまでの参道もあちこち讃岐うどんやさんが目立ちます。

どこも美味しそうなので、テキトーに入ってみました。

これはぶっかけとかき揚げ。

もちもちしてて美味しいです。

かき揚げも油っぽくなくて、カリッとしてましたよ。

            

お昼を食べた後、いよいよこんぴらさんです。

奥社まで1368段あるという石段を登ります。

            

明るい感じで出迎えてくれます。

黄色って、幸せの色なんですね。

            

写真だとわかりにくいけど、

奥はずっと階段です。

            

写真は「こんぴら狗」。かなりマンガチック。。

江戸時代、金比羅参りをご主人にかわって犬がお参りをしたのだそう。

            

上に上がれば上がるほど光が差しているのがわかります。

            

御本宮です。

たくさんの光に満ちています。

清々しい気持ちでお参り。

大変なのかな~とここまで来るのに覚悟したけど、

想像の方が遥かに超えていたみたい(笑)。

いろいろ見ながら行ったので、それほど疲れず行けました。

             

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »