« パキスタキスの花 | トップページ | 猫が来た日 »

88の解除について

先日

『8月8日に88の解除が終了する』というメッセージをもらいました。

88の解除を始めたのがいつだったのか

ブログを遡ってみると、

ちょうど一年前に始めたんですね。

じつは88の解除は87まではどんどん進み、

その後88は忘れてしまうぐらいそのままでした。

そしてやっと8月8日に終了したのです。

一年前にこの解除を始めたとき

ブログで、自分は封印解除をやめているかもしれないと書いてありました。

一年経って、気がついたら自動書記で絵が描けるようになり

封印解除のセッションは終了しました。

確かに大きく変化したけれど、

自分という人間が大きく変わったという実感はありません。ぶっちゃけ(笑)。

8月8日の日はというと

介護中の母の家に行き、

ご飯を作り、一緒に食べたりして過ごしました。

ご飯を食べた後、母に足湯をしてマッサージしてあげますが、

車椅子の母がいきなり歩き出した!なんていう奇跡もありませんでした(笑)。

それでも

少しずつ『やらねば!』という感情が

母とこうして一緒に過ごしているという感情に変わってきました。

もちろん全てではなく、まだまだイラッとすることはありますが(笑)。

結局のところ

88の解除の私なりの答えは

人間には88の煩悩というのはあるのでは、

ということです。

8を横に倒すとメビウスの輪のようになります。

それは永遠に繰り返すという意味ですが、

その輪が88だから二つ。上の次元と下の次元。裏と表。

人間には両方持ち合わせている。

光だけの人間なんていないし、

闇だけの人間なんていない。

それってあたりまえなんだけど。

その両方の自分を知ると

自分を生きやすくさせる事が出来るのではないか思うのです。

               

スピリチュアルサロン Snow Bell

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

|

« パキスタキスの花 | トップページ | 猫が来た日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事