« インナーチャイルドを成長させるには | トップページ | 動物から発信される事 »

気づきのご報告頂きました。

お客様から気づきのご報告頂きました。
長文のため私のコメントなしで、そのまま掲載させていただきます。ありがとうございました。

まあこさんのサロンに最初にお伺いしたのが2016年ですが、
セッションで伝えられたいくつものキーワードに関して、昨年末あたりからエネルギー的なことと現実と現象の繋がりが見えてきました。

特にその中から、承認欲求の解除をやっていただいたことに関してです。

まだ最近まで、自分の中の承認欲求をうるさく感じていました。でも、これも本能だと気づきました。だから、受け入れて調整していけば良いのだとわかりました。

自然界では、オオカミなど集団社会で生きている動物は、
自分の出来る事をアピールする→集団に認められる→集団の中で役割を持つ→安全を確保
を自然の本能でやっているのであって、承認欲求そのもの自体は良いとか悪いとかではなく、社会性の強い動物の本能なんですね。

日本ではオオカミ(山犬)を明治時代に絶滅させましたが、一説によると森の生態系の頂点にいるオオカミは、森を整える役割をしていて、最終的に地形も整え河川にも良い影響を与えるそうです。(だからといって、海外のオオカミ導入運動には反対ですが(^^;))
日本の山々にオオカミが存在していた時代は、承認欲求は高度な社会生活を営む上で、必要不可欠なものであるということを、自然界が証明していたので、昔の人は承認欲求を空気のように当たり前に受け入れていたのでは?と思いました。
現代では犬はただの愛玩動物でしかなく、犬の承認欲求は、下等動物の卑しいものでコントロールすべきもの。というイメージになってますよね。

話は変わりますが、ブログ記事でありますがインナーチャイルドについてです。

私のインナーチャイルドが閉じ込められた出発点は体育座り。かな?と思いました。
覚えている最初の抑圧体験が何なのか今まで思い出せずにいて、幼稚園での体験のような気がしてはいたのですが、初めて体育座りをさせられた時に凄く嫌だったことを思い出しました。
体育座りの姿勢は、顎が上がって頭と首の境目が圧迫され思考停止するそうで、別名囚人座りとも言われているそうです。(私の後頭部はガチガチに固まってます(^^;

今、体の調整を集中してやっています。自力ですが身体が緩むように試行錯誤しながらやっています。
健康のための体操関係はもう何十年もやってきましたが、ようやくやっと最終章にたどり着いた気がします。

 

|

« インナーチャイルドを成長させるには | トップページ | 動物から発信される事 »

体験談」カテゴリの記事